湯前町役場 湯前町役場
ホームへ
サイト内検索  
行政情報

公表

できごと情報

健康・福祉・学校

農業・林業・産業

くらし・手続き

申請書ダウンロード

広報ゆのまえ

議会

町例規集

きまぐれ写真館

湯前町について

町の概要

町長からのメッセージ

湯前町PR映像

町の伝統芸能映像

役場組織と電話番号

アクセスマップ

施設案内

リンク集
 
ホーム > 行政情報 > 健康・福祉・教育
健康・福祉・教育
前に戻る
 ブラジルへ行ってきます
2009年06月25日

 JICA(独立行政法人国際協力機構)青年海外協力隊の日系社会青年ボランティア隊員として皆越香苗さん(23=植木区出身)がブラジルのピンダモニャンガバ日本語学校に日本語教師として派遣されることが決まり、617日、JICA熊本事務局の職員とともに町長室を訪れました。

 
 青年海外協力隊は、発展途上国の開発援助のために昭和40年に発足し、アジア・アフリカ・中南米・中東など世界各国にこれまでに約37千人の隊員が派遣されており、本町出身者としては4人目となります。

 
 皆越さんは、海外で働きたいという想いから、大学では日本語教育を学び、この春に卒業したばかり。

 
 ブラジルの公用語であるポルトガル語の訓練を2ヶ月間受け、7月から2年間、首都ブラジリアから南に1,100劼曚瀕イ譴拭▲團鵐瀬皀縫礇鵐バ市にある日本語学校で7歳から15歳までの日系人約40名に日本語を指導します。



6月17日、町長室を訪れた皆越香苗さん


  以下は、皆越香苗さんの一問一答

 

―青年海外協力隊を希望した動機は?

 大学時代から日系ブラジル人と交流する機会が多く、その子供たちが日本語もわ
から
ず、支援の必要性を感じました。

 ずっとブラジルに行きたいと思っていたので、卒業と同時に実現できてとても嬉しい。

 

―現地での活動内容は?

 子供たちへの日本語指導のほか、現地の日本語教師を育成すること。また、新設されたばかりの日本語学校なので授業のカリキュラムを作ることです。

 

―出発前の今の気持ちは?

 
不安よりも、期待感のほう
が大きい。2年間という短い期間ですが、何か形に残るような活動をしたいです。

<情報統計係>

  お問い合せ
  湯前町役場 総務課
  TEL:0966-43-4111
↑ページ先頭へ
前に戻る
Copyright(C) Yunomae Town / All Rights Reserved.