湯前町役場 湯前町役場
ホームへ
サイト内検索  
行政情報

公表

できごと情報

健康・福祉・学校

農業・林業・産業

くらし・手続き

申請書ダウンロード

広報ゆのまえ

議会

町例規集

きまぐれ写真館

湯前町について

町の概要

町長からのメッセージ

湯前町PR映像

町の伝統芸能映像

役場組織と電話番号

アクセスマップ

施設案内

リンク集
 
ホーム > 目的別情報 > 介護・保険・年金
介護・保険・年金
前に戻る
 後期高齢者医療制度について
2008年01月31日


 平成20年4月から「後期高齢者医療制度」が始まります。

 老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担を明確化し、公平で分かりやすい制度とするために、現行の老人保健制度に代わる新しい高齢者医療制度が創設されることとなりました。
 これまでは、75歳(一定の障害があると認定された方は65歳)以上の方は、国保や会社の健康保険などの医療保険に加入しながら「老人保健制度」で医療を受けていましたが、平成20年4月からは、これまで加入していた医療制度を抜けて、「後期高齢者医療制度」で医療を受けることになります。
 
※運営主体(保険者)
 各種都道府県内の全ての市区町村が加入する広域連合が運営主体となり、保険料を決定したり、医療の給付などを行います。
・市区町村が行うこと
 加入や脱退の届出窓口になります。保険証の引渡しや保険料の徴収を行います。

※保険料
 後期高齢者医療制度では、対象となる被保険者全員が保険料を納めることになります。
 保険料は、被保険者全員が平等に負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額(所得額×所得割率)」を合計して、個人単位で計算されます。均等割額と所得割率は、広域連合ごとに決められます。
 均等割額と所得割率は熊本県内で原則均一となり、2年ごとに見直しがあります。平成20・21年度の熊本県の保険料率は、次のとおりです。

○ 熊本県の均一保険料率(平成20・21年度)
 均等割額 46,700円    所得割率 8.62%
※ 保険料率の特例措置
 平成15年度から平成17年度までの1人あたりの老人医療給付費の平均が県内平均老人医療給付費より20%以上低い市町村においては、6年間、保険料率の特例措置があります。

○ 不均一保険料率(平成20年・21年度)

○ 被扶養者の軽減措置
制度施行日の前日に健康保険組合・共済組合などの被扶養者だった方は、被保険者の資格を得た日の月から2年間、保険料の所得割額が課されず、均等割額が5割軽減されます。また、経過措置として平成20年4月〜9月は保険料が免除され、平成20年10月〜平成21年3月は保険料の所得割額が課されず、均等割額が9割軽減されます。

○ 所得の低い方の軽減措置
所得の低い方は、保険料の均等割額が世帯の所得水準にあわせて、7割・5割・2割軽減されます。

 軽減割合

 世帯の(被保険者および世帯主)総所得金額等

 7割軽減

 【基礎控除額(33万円)】を超えない世帯

 5割軽減

 【基礎控除額(33万円)24.5万円×世帯の被保険者数(被保険者である世帯主を除く)】を超えない世帯

 2割軽減

 【基礎控除額(33万円)35万円×世帯の被保険者数】を超えない世帯

○ 保険料の納め方
 年金が年額18万円以上の方の場合は、保険料は年金からの差し引き(特別徴収)となります。それ以外の場合は個別に市町村の窓口や口座振替(普通徴収)で納めます。また、介護保険料とあわせて保険料額が年金額の2分の1を超える場合は、年金からの差し引きの対象にはなりません。職場の健康保険の被保険者本人だった方は、平成20年4月〜9月の間は年金からの差し引きの対象にはなりませんが個別に窓口等で納めていただくことになります。

○ 保険料を滞納したとき 
 特別な理由がなく保険料を滞納したときは、通常の保険証より有効期間の短い短期被保険者証が発行されます。また、滞納が1年以上続いた場合には保険証を返還してもらい、資格証明書が交付されます。資格証明書でお医者さんにかかるときは、医療費をいったん全額自己負担していただきますが、窓口で申請すると、自己負担分を除いた額が特別療養費として支給されます。

 資格の取得と手続き

こんなときは14日以内に届け出を!!

 こんなとき

 手続き

 いつまで

 75歳になったとき  市区町村へ届出  誕生日から14日以内に
 他市区町村から転入したとき  市区町村へ届出  14日以内に
 他市区町村へ転出するとき  保険証を添えて市区町村へ届出  すみやかに
 死亡したとき  死亡の届出義務者が死亡した者の保険証を添えて市区町村へ届出  14日以内に
 医療保険の加入資格を失ったとき  生活保護を受けるような場合は医療保険の加入資格を失いますが、そのときは保険証を添えて市区町村へ届出  すみやかに
 65歳を過ぎて一定程度の障害等になったとき  国民年金証書、身体障害者手帳又は医師の診断書を添えて市区町村に認定の申請をする  寝たきり等になったとき

詳しくは、熊本県後期高齢者医療広域連合のホームページへ

http://www.kumamoto-kouikirengo.jp/

<保険医療係>

  お問い合せ
  湯前町役場 税務町民課
  TEL:0966-43-4111
↑ページ先頭へ
前に戻る
Copyright(C) Yunomae Town / All Rights Reserved.