湯前町役場 湯前町役場
ホームへ
サイト内検索  
行政情報

公表

できごと情報

健康・福祉・学校

農業・林業・産業

くらし・手続き

申請書ダウンロード

広報ゆのまえ

議会

町例規集

きまぐれ写真館

湯前町について

町の概要

町長からのメッセージ

湯前町PR映像

町の伝統芸能映像

役場組織と電話番号

アクセスマップ

施設案内

リンク集
 
ホーム > 観光と特産品
観光と特産品
前に戻る
 城泉寺(浄心寺)阿弥陀堂
2007年10月01日
城泉寺
鎌倉時代の初め、この地方を支配していた豪族が自らの極楽往生を願って建立したとされるお寺で県内最古の木造建築物。
大正4年の仏像国宝指定の際、誤記されたことから「城泉寺」と呼ばれるようになりました。

阿弥陀堂
悠久の時間を重ねた古寺
城泉寺(浄心寺)は鎌倉時代の初め(貞応年間:1222-1224)、久米氏によって建立されたと伝えられており、県内最古の木造建築であり、鎌倉仏教文化を代表する古寺です。
境内には七重、九重、十三重の塔があり、七重、九重石塔が国指定重要文化財となっています。

十三重の塔 七重の塔 九重の塔 石塔全景
[ 七重のの塔 ] [ 九重の塔 ] [ 十三重の塔 ] [ 石塔全景 ]

木造阿弥陀如来及両脇侍像
三尊とも檜材の寄木造で、中央に主尊の阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩を配します。
観音菩薩像に墨書があり、寛喜元年(1229)の作であることがわかります。県内の鎌倉彫刻を代表する優れた仏像で、細部に中国宋の絵画の影響があるといわれており、慶派仏師の作と思われます。
木造阿弥陀如来及両脇侍像

  お問い合せ
  湯前町役場 産業振興課
  TEL:0966-43-4111
↑ページ先頭へ
前に戻る
Copyright(C) Yunomae Town / All Rights Reserved.